建て替えとリフォーム

一軒家に住んでいる場合、築20年程を過ぎると建て替えやリフォームを検討する人が多いようです。
そしてそれに伴い、建て替えにする方が得なのか、それともリフォームにした方がいいのかという悩みも出てきます。

実際に建て替えとリフォームではどちらが得でしょうか。
それは家の状態や状況によっても違うので、一概にこちらの方が良いとは言えないのです。

建て替えとリフォームを比べてみると、一から家を建て直す建て替えよりも、今ある家を壊すことなく部分的に工事するリフォームの方が、費用の面では得だと感じる方も多いでしょう。

建て替えの場合、一度家を全て解体します。
そのため廃棄物も多く、その処分費がリフォームよりもかかります。
また、建て替えをしている間の仮住まいの費用、仮住まいと家との引越し費用、登記の費用などリフォームには必要ない費用がかかります。

しかし家の状況によっては、リフォームを行うと建て替えを行う以上の費用が必要になる場合もあります。

例えば工事する場所が多い場合、リフォームの工事単価は建て替えよりも割高ですので、建て替えとあまり変わらない費用がかかることがあります。

またリフォームで費用を安く抑えても、またその何年か後にリフォームの必要な場所が出てきてしまうなど、長い目で見ると建て替えよりもかえって費用がかかってしまうということもあります。

このように、建て替えとリフォームでは単純に費用だけで比較してどちらが良いか決めるのは難しいです。

今回は建て替えを選択した場合に、どんなメリットやデメリットがあるのか、またどのような費用がかかるのかをリフォームと比較しながら説明させていただきます。


≪特選外部サイト≫
部分的に工事するリフォームをする際に参考になる専門業者のサイトです ⇒ リフォーム 専門業者